postheadericon 消費者の変化

高度経済成長期、バブル期の時代を経験したことがある方は、あの時代を思い出してみて下さい。あの時代、企業は商品を売ることを目的とし、市場に色々な商品を登場させました。
そして、消費者達は、今程商品にこだわりをもつことなく、商品を購入していた時代です。
あの時代から20年以上が経ち、今の市場は大きく変化しています。一体何が変化したのかというと、商品があの頃のように、そう簡単には売れなくなってしまったのです。

不景気な時代もありました。その時代、消費者達は、商品を購入することに、あまり意欲を持たなくなってしまいました。
その為、需要と供給のバランスは非常にくずれてしまい、企業は商品を売ることを考えたのです。その結果、高度経済成長の頃や、バブルの頃とは違い、顧客満足度を第一に考えた、そんな商品ばかりが市場に並ぶ様になりました。
最近の消費者は、自分の好みの商品を求めます。自分自身が求めていて、なおかつ価格的にも納得のいく商品です。その消費者達の好みを企業は読み取り、商品開発や営業に生かさないといけないんです。

そこで役立つのがCRM、SFAです。この英語3文字の言葉の意味をご存知ですか?CRMのは、顧客管理。SFAは営業日報を基とした営業支援。こういう意味があります。
この2つを活かしたシステム、顧客管理システム、営業支援システムが登場し、ほとんどの企業がそのシステムを使い、顧客の管理、顧客の好みデータを探ったり、また、営業日報の効率化、営業内容の効率化を測ろうとしています。

out link

営業日報をより簡単に|J-MOTTO
らくちん顧客管理を。CRMで結果が出る!|SFA/CRM eセールスマネージャーRemix Cloud

アーカイブ
カレンダー
2014年4月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930